35歳差カナダ×日本カップル

35歳差のカナダ人と出会いました。同じ国で暮らそうとしています!

私の毎日

初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

無題521
無題520
無題523
無題529
無題528
現場の中国人女性スタッフたちとは、
この「下午好」を毎日言います。
日本語で「おはようございます」という挨拶がいちばん多いです。
最初の頃は、中国人スタッフたちから「朝じゃないし!」と言われました(笑)
で話し合って、何と挨拶しようか色々試したんですけれど、
日本語の「おはようございます」に落ち着きました。
中国語で「早上好」(おはようございます)を言うときもあります。

今日も遅くなりましたが、日中に更新できてよかった!

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタもご覧ください!↑
続きを読む

初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

無題517
無題516
無題519
無題518
同じフレーズで、
「豆腐の準備できました」も言ってましたが、
同じく先を制されるようになりました・・・!

最近は、「牛乳オッケーだよ」を中国語で言うときがあります。
めっちゃフランクになりました。

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタもご覧ください!↑
続きを読む

初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

無題512
無題511
無題514
無題513

「振り返るな君は美しい」の「君」が誰なのか!
ドライバーさんなのか、見た人なのか・・・。
両方なのか?

気持ちが前を向く言葉ですよね・・・。
あの板って、どんなお店で作ってくれるんでしょうね。

私は大学入学前に、超短距離のヒッチハイクを繰り返した時期があります。
駅までの200メートルです。
ヒッチハイクする意味がないんですよ。
だけど、「やらなきゃ!」という気持ちに駆られてヒッチハイクしてました。
人と関わらなきゃ!と思ってたんです。
知ってる町なのに、知らない人たちと喋ることになる。
(県庁所在地なので人は多かった)
止まってくれる車は、知らない人たち。
乗せてくれた中に、大型トラックのドライバーさんがいました。
大型トラックの運転手って、普段まったく関わらないんですよ。
田舎に住んでたから、国道を通過していく姿を見るだけだったんです。
危なそうな人たち、というイメージがありました。
坊主頭で、「やくざ?」と思って内心怖がった私でしたが、
快く乗せてくれたんですね。
その短い言葉のやり取り、
体を動かしている人らしい体育会系の空気が良かった。
アルバイトなどでお給料をもらって働いたこと、それまでは単発1日だけでしたけど、
「仕事・・・できるだろうな、この人」と思いました。仕事したことないなりに。
知らない世界があるぞ、とはっきり感じました。
それが私とトラックドライバーの初めての思い出です。
(今ではトラックドライバー濃度高いですけど。1日に関わる人のうち、3割がドライバー、
3割が外国人スタッフ、
3割が日本人スタッフや通行人、
1割がチャミーやコンビニ店員さん)

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタもご覧ください!↑
続きを読む

インフルエンザのため、
まんがをお休みしています。

2018年買って良かった調理器具【その2】
曲げわっぱ
IMG_20190114_202050
↑曲げわっぱとは、木でできたお弁当箱
「え?何でお弁当箱が調理器具なの?」
という疑問をお持ちになるでしょうか。
曲げわっぱは、お米の水分を調節してくれるので、
お米が美味しいんです。おひつと同じですね!
木の香りもするので、食べるときに豊かな気分になります。

購入当時、私はブログを始める前で時間に余裕があり、
お弁当持参だったので、玄米を炊いていました。
玄米を持ち歩くのに使っていました。


おすすめの使い方は、パンを持ち歩くこと!
IMG_20180726_162049
↑自宅でつくったパン
体や節約のために自分でパンを焼いていたのですが、
曲げわっぱに入れて持っていくと美味しい!
ただし、ジャム等は一緒に入れられません。

木製品なので、お手入れには固いスポンジや研磨剤を使えません。
家に帰ってすぐに洗う習慣があれば良いのですが、
私は働いてヘトヘトになった翌朝のことも多いのです。
それならば、パンを入れるだけがベスト!


IMG_20180831_153542
↑見栄えがする↑
見栄えがする!のですが、写真でもわかる通り、
洗うまでに時間を置いてしまうと黒ずみが発生します。

番外編 おひつでパンを保存
IMG_20180731_175434
↑木製のおひつでパンを保存↑
手づくりパンの保存には、
木製のおひつもピッタリ!
見た目もかわいい!
(ただし、水分を含むお米の保存に使ったとき、
使用後にすぐ洗わないから黒ずみが・・・以下略!)


今回ご紹介した曲げわっぱ2種類は、
どちらも木糸土で購入しました。
メーカーの名前が分からない・・・!
近所にあった実店舗が閉店したので、確認しようがないです!
この紙が入っています。
IMG_20190114_204522

「大人の男性向け」とサイズが大きいのに、
お安い曲げわっぱ(2000円ほど)を、
別のお店で購入したことがありますが、
洗うほどに木が痛み、毛羽立っていきました・・・!
それなりにお値段のするものを買うことですね・・・大食いであっても!

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタもご覧ください!↑
続きを読む

続・インフルエンザ!
2日間分のまんがを描いたのに、
間違って昨日中にすべて公開してしまいました。
こりゃインフルあなどれない・・・!
追加で描くのは、しんどいので、写真記事にします。

2018年買って良かった調理器具【その1】
干しかご
IMG_20180520_132221
↑1番上のざるは同時購入しました↑

生野菜を干すことで、のちのち加熱する時間が少なくできる。
甘味が増すので、そのまま食べても美味しいから、お弁当に放り込んでも良い。
素材を味わえるので、気持ちがホッとする。
干し野菜の健康への効果はネット上でも色んな人が書いていますよ!


ピーマン等は、見た目にもかわいい組み合わせですね!
このざるは、使い勝手がものすごく良かった。
商品レビューで「洗った皿を乾かすためにも使っています!」
と書いてあったので、その後マネしてみたのですが、
うちの部屋では、カビてしまいました・・・。
(小さくて古い部屋だけど実はマンションで、つまり木造ではないため、
通気性は良くない。そしてキッチンは窓もないし日が当たらない)

IMG_20180604_133535
↑にんじんは、数日間放置すると限りなく小さくなります(乾燥後の写真なし)
兵糧丸か!ってくらいです↑
にんじんを干すと、とても甘くなります。
チャミーも好きだと言っていました。


IMG_20180730_140516
↑梅ぼしも干せる!↑
梅ぼしも干せるのですが、
日中家にいないため、3時間ごとにひっくり返すという工程ができず、
美味しくならなかったんですね。
なので塩をふくまで放置。今は塩が出ている梅干しです。


このまま食べたらしょっぱいだけじゃん!って?
もともと塩の配分多めに作ってあるので、
塩抜きという工程をすれば、食べやすくなるはずなのです。
でも、職場での運動量が多いので、このまま食べています。
薄めの味付け+この梅ぼしを少しずつかじる、という感じです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

干しかご 3段 S
価格:4666円(税込、送料別) (2019/1/14時点)


干しかごとしては、お値段は高めなんですが、
インテリアのようなかわいさ。おすすめ!
今現在ブログを始めてから、家事を縮小したため、
干しかごは活用できてないのですが・・・。

調理器具シリーズは続きます!

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタもご覧ください!↑
続きを読む

↑このページのトップヘ