初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

皆さんこんにちは!
読んで頂いて、ありがとうございます。

今回のカナダ来訪、
空港で、あの質問を初体験しました。

「なんの目的ですか」「観光です」というやつです。

KIMG0590

中学生のときの教科書で見て以来、いざ空港で答えられるようにと意識していたものの、台湾や中国やベトナムでは答える必要がなかった(紙に記入)ので、初めてでした。担当のおば様から怪しまれて、
「どこに滞在するのですか」「友達の家です」
「名前を言いなさい」「チャミーです」
「その人はボーイフレンドですか」「はい」
などなど、延々と続きました。

飛行機を降りてから、自分で操作する機械の前に通されて、
印刷したレシートを全員もって歩くのですが、
蛍光ペンでビビーーーーッとZ線が引かれました。

「この蛍光ペン、ピンク色でもなく紫色でもない、
何ともいえない素敵な色だな…さすがカナダ、デザインがいいな」
「こんなに大きく線を引いてくれたんだから、
オッケーってことだな」と思い、

「ありがとうございました!
昔、中学校の授業で聞いてから『観光です』って答えてみたかったんですよね!」
と言ってみたものの、苦笑いのままでした。
まあいっか、何だか気難しい人なのかもしれない、とカバンを受けとる方向へ歩いて行ったところ、
「あなたはそちらの部屋へ」と、隣のブースを指示されました。

これからカナダへ移住しようとしている外国人などが質問される部屋です。
たくさんの窓口がありますが夜だからか人がほぼいないし、
スタッフは、かなりの書類やパソコン画面と向き合っているので時間がかかっている様子です。

KIMG0592
(後日ジャズを聴きに行ったときの写真)

たまたま、私の前にいたのが日本人だった(パスポートを手に持っていたので分かった)ので話しかけました。
その女性と「たぶんこういう理由で疑われたんだろう」という話を打ち明け合って大爆笑して10分ほど待ったと思います。我々は全くのカナダ知らずでもなく、とはいえ在住ビザがあるわけでもなく、ほぼほぼすっぴんで何となく貧乏くさく(飛行機に乗る間ラクをしようと、ボサッという服装をしていた)何だか似通っていたのでした。

その女性が呼ばれたあと、私も呼ばれました。
男性の担当者でしたが、たぶん中華系の人だったし優しそうだったので、中国人と縁がある私は少し安心しました。
「彼氏はどの学校で教師をしているのですか」
などなど詳しく聞かれました。
「彼氏には何を手伝ってと言われましたか」
「部屋が散らかっているので片付けてと言われました」
などなど、スマホでのやり取りなども確認されました。
質問があまりにも続いたので辛くなってきたのが伝わったようで、
google翻訳を見せられました。そこには、
「我々はあなたを疑っているのではなく、
あなたがカナダ人に騙されて搾取されていないか知りたいのです。
安心してください」という内容が書いてありました。
自分は先月も日本に出張したし、ラーメンが好きだと笑顔で言われました。
とはいえ、質問が終わらないというあの感じを思い出すと今でも胸がキュッとなります。

最終的に、
「前の仕事はホテルで皿洗いを1ヶ月していました」
「その前の仕事は何でしたか」
「倉庫スタッフを2年くらいしてました。検品してました」
との回答をしたとき、ああなるほど!という顔になったので、
おそらく私のみすぼらしい感じの外見を、肉体労働者だから慣れてるんだな、
と納得してもらえたのだと思います。
「カナダにくればお金になるんだよ」「法律に引っかからないよ」と言われて、
騙されて来てくる人がいるのか?詳しくは分かりません!

KIMG0593
(↑地震がないからか、あちこちにステンドグラスが飾られてます↑)

チャミーが「写真に写るのが嫌い、自分の顔とか外見が嫌い」と言うので写真をほとんど撮ってなかったのですが、今後質問されたときのためにも今回の滞在で撮りためています!

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタは長い間投稿してません…↑