初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

皆さんこんにちは!
読んで頂いて、ありがとうございます。
今回は、ブログを訪れてくださっている多くの皆さんには関係のない内容なのですが、実際の生活で困った出来事が続いているので書きます。

<年の差のパートナー関係やSNSについて>

小説家の吉本ばななさんが「自分の娘や孫ほどの人と性的にからむというのは、どう控えめに考えたって相手の人生に深い傷を与えることになる。」という一文をこのエッセイで書いています

(後の人にゆずる|吉本ばなな|note)私のパートナーはかなり年の差であり、世間にそれほど多くはない関係なのですが、それを聞いたうち3割くらいの人が「ということはれいなさんは自分と不倫してくれる」「浮気してくれる」と思うようで、のちのちおかしな誘いを受ける、というのが続いてきました。

一旦、「僕はこの年齢でそんなこと言いません」とか、妙な言い訳があったりもします。私は何でもかんでもありだと思ってるわけではなく、毎回心をえぐられる思いで、そのかたがたの話を聞くのですが、はっきりと「それは違うでしょう」と説明せずに感じよく断るので、もしかしたら伝わっていないのだと思います。なぜなら、こういった話を論理的に説明するほど、そのかたがたに対して時間と労力をかけるつもりがないからです。


もう一度書きますが、私のパートナーはかなり年の差ではありますが、私は何でもかんでもありだと思っているわけではありません。身近な人に、年の差カップルへの偏見を取り払ってもらいたかったのもあってブログで自分たちの話を書いたりしていますが、それを読んだり、私が年の差カップルだと知ったからといって、私がご自身に対して特別に心を開いていて、何かおかしな関係を持ってくれると期待されるのは困ります。ブログの削除を検討しています。

ここで私が書いているようなかたがたはご自覚がないでしょうから変わらないかもしれませんが、私のインターネット上の投稿を読むのは構いませんが、私が分かる形でSNSに反応してくることも今後やめてください。

10月30日追記:よく考えると毎回説明しているんですが、自分の聞きたいことだけを聞いているようで、結局は同じ話しかけ方を蒸し返される、SNSをブロックしても他のSNSで追いかけてくる、という状況になってしまい、このような説明文を書くに至りました。