初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

皆さんこんにちは!
読んで頂いて、ありがとうございます。
私は今、次の仕事までに時間ができたので、
とある温泉旅館でアルバイトをしています!

KIMG0170
(↑学生時代に実家をペンキで塗ったシリーズ↑)

KIMG0169
(↑扉の内側も塗って色々描いた↑)

KIMG0171
(↑階段に描いた壁画は、母が上から和紙を貼って隠したようです↑)

KIMG0174
(↑台所のカビ生えた壁紙をオレンジ色に塗って額縁など飾った↑)

KIMG0175
(↑棚やインターフォン等を黄色に。壁画には和紙など張られた↑)

KIMG0173
(↑ガラス棚もちょこっと黄色に↑)

これらの「塗った」シリーズを見ると、
「家を子供に塗らせてくれるなんて、どれだけ理解のある親なんだ」と、
見えますよね!

当時はうちの家族が体調もヤバいし精神的にもヤバくて、
「この人たちすぐ死んじゃうのかな?」と思っていました。
家の状態が影響していると思ったので、
深夜寝静まったあとなど無理やりタイミングを見つけて、
実家のものを捨てまくったり、ペンキを塗ったりし続けたのです。
誰もものを捨てられないし、捨てたくない家だったのです。
殴られたり罵られたり大変でした…。
親戚にまで怒られました。

でも3年ぶりに帰ったら、
親は、自分たちで断捨離していました‼
物置小屋とかを、ちょっと楽しい色に業者に塗ってもらったりして、
何だか和やかな人たちになってました。
ウエスト90㎝あった父は、
今やマラソン大会の常連で、2つのジムを掛け持ちしてトレーニングに通っています。
母は、1人でハイキングやサイクリングに出かけ、派手に転んだらしく、
でっかいアザがあり、足の爪が血豆で真っ黒でした…(ハイキングすると、いつも黒くなるのと言ってました)!

私は当時美大生で、しかも私立の美大だったので、べらぼうにお金がかかりました。
なのに毎月帰省して実家の断捨離ばかりしていました。
そうするタイミングだ、と信じていました。
うちの両親変わったな…と本当に思います。

両親の話になってしまいましたが、
チャミーを実家に招待して泊めたいと思っていたのですが、
私1人で帰ってみたら、
「元:れいなの部屋」が、姉の物置になってました…‼‼‼
買いまくって開封すらしていないディズニーリゾートグッズたち…。
テレビ番組などでディズニー通いまくってる方々を観ますけど、
あの方たちはまだ、開封して飾ってるからいいと思います‼‼‼

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタもご覧ください!↑