初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

皆さんこんにちは!
読んで頂いて、ありがとうございます。

今日で大阪を出ます。
(1人でアパート借りてるとお金が貯まらないので、
大好きな職場とお別れして、
住み込みの職場に採用して頂きました)

これまでの家の近所には、なんと、
チャミーと同じ名前のカフェがありました。
ご近所のお年寄りが多く集まりそうな立地で、
入りにくい気がしてたんですが、
ある日、オーナーのおばあちゃんがあまりにも素敵なエプロンを着ていたので入ってみました。
おばあちゃんは70歳代なのですが、
若い時にイギリス留学し、
その後有名企業でサラリーマンをしていました。
私たちと同じくらいの年の差である、アメリカ人の男性と出会います。

二人は恋に落ちますが、
おばあちゃんが一人っ子で、病気の親の面倒を見る必要があった。
だから、互いを行き来する遠距離恋愛になったのです。
男性は富豪だったのでハワイの別荘に滞在したりして、
二人はそれはそれはアッツアツだった様子です。
(ハワイは20回ぐらい行ったとか、数カ月滞在して日本に戻ってたとか言ってました)

あるときおばあちゃんに電話がかかりました。
空港からです。
男性は「今、日本に来たから、これから結婚しよう」との連絡でした。
日本駐在の息子さんに手配までさせてた様子ですが、
電話の直後男性は倒れて搬送され、亡くなりました。

だから二人は戸籍上は結婚していないのです。
「あんなにジェントルで素敵な人は他にはいない」とおばあちゃんは繰り返し言っています。
当時の写真も見せてもらったけど、おばあちゃんが陽気な女優さんといった印象、
旦那さんは、超金持ちっぽい、非日常的な色合いのスーツを着てました…
ヒゲとか、昔の映画に出てくる富豪みたいだった!(笑)

そのお店に先日、チャミーを連れていきました。
おばあちゃん、複雑な気持ちだったらどうしようかと思ったけど、
めちゃめちゃ喜んでいたから良かった(笑)
「わたし、ハンサムな人だ~いすきなの」と言いまくってくれて、
こちらも連れてきがいがあった・・・(良かったチャミーがおばあちゃん好みで)。

チャミーと同じ名前のカフェなんて、
都合が良すぎるようですが、
他にもそういった偶然が、
私たちの気持ちを支えてくれていたのです。

もう退職したから書きますが、
私の職場から歩いて10分のところに大阪のカナダ領事館がありました(笑)
その地域はめっちゃめちゃ港で、倉庫や工場だらけなのに、
なぜか建物の2階にカナダ領事館があるのです(笑)(笑)
とはいえお世話になったことはないのですが。

この写真は、先日チャミーにあげた手作りの飾りです。
KIMG0129
「G」というのはチャミーのイニシャルです。
チャミーは蜜蜂を愛しているので、
蜜蜂のつもりで作りました。
(前に、中国に住んでいたときの裏山に養蜂場があったのですが、
養蜂業者が蜂の群れを残して、
巣を持って去ってしまったので、
とても怒っていました。様子を見に行ってました)

とても喜んでいたから良かったです。
とはいえ喜んでいても、そうでなくても、あんまり表情の変化がないんですが彼は!

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタもご覧ください!↑