35歳差カナダ×日本カップル

35歳差のカナダ人と出会いました。同じ国で暮らそうとしています!

初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

皆さんこんにちは!

読んで頂いて、ありがとうございます。

KIMG0686
(↑ストライキの行われていた市庁舎前広場では、映画「アナと雪の女王」のようなアイススケートリンクが始まりました↑)

チャミーには、私より3歳下の娘がいます。
今回「れいなが来てるけど、ちょっと会わない?」と聞いてみたそうですが、
「気まずい…」とのことでした。そりゃそうですよね。

私は、カナダと日本で離れて暮らしている間にチャミーが突然死したら、
連絡をくれる人が必要だから、
それなら身内である娘さんと知り合わなきゃ…と思っていました。
と同時に、日本でも親戚づきあいをしない私が、
カナダで親戚づきあいしなきゃいけないのか…というがっかり感もありました。

チャミーの親しい友達に頼んだらいいね、という話になりました。
彼と私はストレスフリーです。おお…‼
(先日遊びに行ったら、「YOU ARE MY FOEVER FRIEND」と書いてあるマグカップを、
こちらに向けてグイグイ飲まれましたので、永遠の友達なんだと思います…!)

KIMG0688
(↑凍る程さむくない時期でも、機械で凍らせておけるらしいです↑)

私は先日、Twitterで「英語以外の教科も英語で勉強するといい」と読んで、
自分のレベルに合わせた子供用ドリルがほしいと思い、
本屋になかったのでチャミーが娘さんに聞いてくれました。

高校で使っていたという数学の教科書を、
チャミーの仕事場まで持ってきてくれたそうです。
(私、高校の授業はほとんど投薬で眠っていたし、
中退しているので高校の数学を全然知らないのですが…)

おお…本当に近所にいるんだ…!という感じがしました。
そして教科書が、ハードカバーでめちゃめちゃ重いです。
画集みたいな感じです。

ダラーストア(Dollar Store)という、
直訳すればドル・店、つまり百円ショップのようなそうじゃない店に行きましたら、
400円で子供用ドリルが売ってましたので買いました‼
math

私は今まで、体を使ったアルバイトばかりしてきて、
走ったり重いものを運んだり声を張り上げたりという生活だったので、
算数レベルで良かったんです。
とりあえず算数を英語でやろうと思います‼
足す、引く、かけるを英語で言えるようになったけど、
割るって何だ…?というレベルです。

読んで頂き、ありがとうございます!
ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタは長い間投稿してません…↑
続きを読む

初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

皆さんこんにちは!
読んで頂いて、ありがとうございます。

KIMG0536
(↑街なかの喫茶店も、それぞれの機械が大きくてかっこいい↑)

今回、カナダに来た緊急の理由がありました。
やっと書けるのですが、チャミーが精神的にまいっていました。
時々うつ状態になるのは知っていましたが、
今まででいちばん長引いていたのです(3週間くらい?)。

普段は私が超たくさんのメールや電話をするので、
チャミーから電話をかけてくることが少ないのですが、
本当に辛そうな電話が、変な時間にかかってきました。
声が小さくてかわいそうで、このまま死なれたらいやだと思い、
その日のうちに?航空券を買いました。

到着してみると、部屋が小さい・ボロい(前に住んでた人が、かなりずさんな補修をしてきたのが分かりました)・倉庫から本などの荷物を引き取ったのでダンボール箱が山積みで歩くのもやっと、半地下で窓の向きもあんまり良くない、などなど色んな状況がみえてきました。

KIMG0539
(↑できたばかりのスーパーマーケット、一番上の品物は、地面から2メートルくらいあります…
私は手が届くけど、小柄な人はどうなんだろう?↑)

この2週間ちょい、かなり手をかけて補修とかペンキ塗り、片付けをしてきました(と言えども、まだダンボール山積みですが、そうとうましに‼)。
アレルギーでくしゃみや咳があったのも、暖房器具のホコリを掃除したり病院の薬で軽減された様子。
半地下で、しかも明かりが少ないので薄暗かったのですが、
病院で言われた治療用のライトを購入してつけています。

今ではかなり回復したのですが(本人は「まだ落ち込んでいる」と言っています)、
大はしゃぎしていたり、中はしゃぎしていたりします。
特に、最初に来たときのバスルームの壁の色が本当に暗かった…
古いビルの階段という感じでした。あれは気持ちも落ちるよなあ。

KIMG0538
(↑サラダがこんな風に並んでるの、初めてみた!↑)

チャミーのことを「19歳の男の子みたいな表情」と、知人が形容していましたが、
実際に精神的に回復したチャミーは、
「同好会活動に情熱を燃やす男の子」という感じがぴったりです。
音楽のバンドも3つ掛け持ちして、そのほかにも演奏してるらしいですし、
どうやら他にも様々と趣味があります。
とにかく回復してくれて本当に良かったです(最初の頃は、一日中何度も寝込んでいたので)‼
歩くと足がぶつかりまくる部屋だったし、
本人によれば「れいなが来るから少し片づけたけど、
その前は、玄関からすでに横歩きじゃないと歩けなかった」とのこと…‼
冷蔵庫のなかがキチンとしていたので、それは気が楽でした。
あとは、忙しくて冷凍野菜を食べるから気持ちが落ち込むと言っていたので、昼と夜は作ってあげて、
アレルギーに合わせた素材でパン焼いたりおやつも作ってあげています(私もよくやってるな!)。
以前は表情変えず「悪くないね」とか言ってたのが、
ここ数日は「わあ~おいし~い、これすごくおいしい‼」
という小学生みたいな感じになってきました…。

読んで頂き、ありがとうございます!
ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタは長い間投稿してません…↑
続きを読む

初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

皆さんこんにちは!
読んで頂いて、ありがとうございます。

(今回は、ジェンダーに特化した内容です)
KIMG0672
(しかも掲載写真が、先日参加した気候改善ストライキです)


1年前に、このブログで「ポリアモリー」についてお話しました。
複数の相手と、合意の上で交際するという人間関係のことです。例えばカナダでは、それを理由に離婚して、3人で新しく関係を築くということも起きています。
私は昔から、一度に複数の人を好きになるということがありました。ですので、チャミーと付き合って1ヶ月ほどでしょうか。そのことを打ち明けて、他の人とも交際するかもしれない、そのときはチャミーにも伝えて確認を取りたい、それでも構わないだろうかという話をしました。色んな個性があるので、1対1の関係だけでは表現しきれないと感じる人もいる、そういうことを言いました。
そのときチャミーは「君がポリアモリーの生活を望むのならばそれでいいよ」という返事をあっさりくれました。私は「チャミーは無理をしているのかな?」と考えました。

KIMG0650
それから1年半以上の時間が流れた今回、チャミーが友達の家に連れていってくれました。
その友達は、前から何度も話題に上がっており、私も名前を聞いていた人でした。
(仮に、マライヒという名前にしましょうか)

そのマライヒという男性はポリアモリーの男性でした。マライヒセクシュアルマイノリティのイベントを主催している活動家です(全くもって知りませんでした。というかチャミーはかなり保守的な人だと私は思っていたので、友達がポリアモリーだと知ってかなり驚きました)。チャミーは「れいな、君もポリアモリーなマライヒと愛し合って結婚してカナダ在留資格を取ったらいいよ」と言って大爆笑していました…。

後から、本気なのかどうか聞いてみたところ、
「ジョークだけれど、でも、マライヒは本当にいいやつだよ?」と言われました。
私はマライヒとチャミーの前で、私が他にも性的関係を持っている友達がいることを告げました。
彼らが既婚かつチャミーと年齢の近い50代~60代で、ジェンダーの専門家だったり、今でも大学に入り直したりして勉強したりしていることも話しました。
そして、1年に1度会うくらいで、チャミーとの関係について的確な助言を受ける、友達といえる関係であることもです。
ニコニコしてました。本当に、全く気にしていなかったのです(もちろんこの時代に生まれている肉体である以上、生理的な反応をせざるを得なく、瞬間の遊びとして嫉妬することはあると思いますが)。

KIMG0665
チャミーは本当に、いいやつでした。
チャミーのことについて、このブログで何度も漫画や文章で書いてきましたが、
彼は熱中していることが多岐にわたるため人のことをあまり気にしていません。
「れいな、僕が一番熱中しているのは音楽と金なんだよ」と言います。そして実際、自分が出かける職場、演奏する場所など、どこにでも連れていってくれます。ある意味では私を置き去りにしているとも言えます。

チャミーは、コントラバスとかチューバという、かなり大きい楽器の奏者ですので、早い年齢で、演奏できなくなるかもしれません(持っていられなくなるなど)。
だからなのか、現在いくつものバンドに所属して毎日演奏やリハーサルの日々を送っています。
そのように、ひとりの恋人(ブログ筆者)だけが優先事項じゃない、他のことにも愛を注ぐという感覚をよくよく感じている人なのです。
今年で75歳になった私の知人は「コントラバスを演奏する人は、人間を抱いているのと近いから、性的に積極的な傾向があるらしいわよ」と言ってましたが…‼

KIMG0657
ここで性に関する話題を書くことで、変な読者(自分と不倫してくれると思い込んで連絡を寄越す人々)を惹きつけたいわけではないのですが、
自分がパートナーとしている人だけではない、色んなことに精一杯愛情を注ぐということが生き様なのではないかと思いました。
私の毎日にしぼって言いますと、ペンキ塗りとかアレルギー対応料理とか、SNS更新など、いくつか当てはまることがありました。皆様の場合はいかがでしょうか??

(気候改善マーチについて…最初に「気候改善ストライキ」と書きましたが、
グレタ・トゥーンベリさんのストライキが始めとなった気候改善ストライキです。
日本では「グローバル改善マーチ」という名前で国内各地で実行されています。

以前から興味がありましたが、
今回、カナダのトロント市で偶然遭遇したので参加しました。
平日にも関わらず小学生が沢山参加しているなど驚きがありました。
私はなるべく洗剤を使わない、環境に優しい洗剤を使う、ごみを減らすなどから実行しています)

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタは長い間投稿してません…↑
続きを読む

初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

皆さんこんにちは!
読んで頂いて、ありがとうございます。

今回のカナダ来訪、
空港で、あの質問を初体験しました。

「なんの目的ですか」「観光です」というやつです。

KIMG0590

中学生のときの教科書で見て以来、いざ空港で答えられるようにと意識していたものの、台湾や中国やベトナムでは答える必要がなかった(紙に記入)ので、初めてでした。担当のおば様から怪しまれて、
「どこに滞在するのですか」「友達の家です」
「名前を言いなさい」「チャミーです」
「その人はボーイフレンドですか」「はい」
などなど、延々と続きました。

飛行機を降りてから、自分で操作する機械の前に通されて、
印刷したレシートを全員もって歩くのですが、
蛍光ペンでビビーーーーッとZ線が引かれました。

「この蛍光ペン、ピンク色でもなく紫色でもない、
何ともいえない素敵な色だな…さすがカナダ、デザインがいいな」
「こんなに大きく線を引いてくれたんだから、
オッケーってことだな」と思い、

「ありがとうございました!
昔、中学校の授業で聞いてから『観光です』って答えてみたかったんですよね!」
と言ってみたものの、苦笑いのままでした。
まあいっか、何だか気難しい人なのかもしれない、とカバンを受けとる方向へ歩いて行ったところ、
「あなたはそちらの部屋へ」と、隣のブースを指示されました。

これからカナダへ移住しようとしている外国人などが質問される部屋です。
たくさんの窓口がありますが夜だからか人がほぼいないし、
スタッフは、かなりの書類やパソコン画面と向き合っているので時間がかかっている様子です。

KIMG0592
(後日ジャズを聴きに行ったときの写真)

たまたま、私の前にいたのが日本人だった(パスポートを手に持っていたので分かった)ので話しかけました。
その女性と「たぶんこういう理由で疑われたんだろう」という話を打ち明け合って大爆笑して10分ほど待ったと思います。我々は全くのカナダ知らずでもなく、とはいえ在住ビザがあるわけでもなく、ほぼほぼすっぴんで何となく貧乏くさく(飛行機に乗る間ラクをしようと、ボサッという服装をしていた)何だか似通っていたのでした。

その女性が呼ばれたあと、私も呼ばれました。
男性の担当者でしたが、たぶん中華系の人だったし優しそうだったので、中国人と縁がある私は少し安心しました。
「彼氏はどの学校で教師をしているのですか」
などなど詳しく聞かれました。
「彼氏には何を手伝ってと言われましたか」
「部屋が散らかっているので片付けてと言われました」
などなど、スマホでのやり取りなども確認されました。
質問があまりにも続いたので辛くなってきたのが伝わったようで、
google翻訳を見せられました。そこには、
「我々はあなたを疑っているのではなく、
あなたがカナダ人に騙されて搾取されていないか知りたいのです。
安心してください」という内容が書いてありました。
自分は先月も日本に出張したし、ラーメンが好きだと笑顔で言われました。
とはいえ、質問が終わらないというあの感じを思い出すと今でも胸がキュッとなります。

最終的に、
「前の仕事はホテルで皿洗いを1ヶ月していました」
「その前の仕事は何でしたか」
「倉庫スタッフを2年くらいしてました。検品してました」
との回答をしたとき、ああなるほど!という顔になったので、
おそらく私のみすぼらしい感じの外見を、肉体労働者だから慣れてるんだな、
と納得してもらえたのだと思います。
「カナダにくればお金になるんだよ」「法律に引っかからないよ」と言われて、
騙されて来てくる人がいるのか?詳しくは分かりません!

KIMG0593
(↑地震がないからか、あちこちにステンドグラスが飾られてます↑)

チャミーが「写真に写るのが嫌い、自分の顔とか外見が嫌い」と言うので写真をほとんど撮ってなかったのですが、今後質問されたときのためにも今回の滞在で撮りためています!

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタは長い間投稿してません…↑
続きを読む

初めてのかたはこちらもどうぞ
「馴れ初め編」

皆さんこんにちは!
読んで頂いて、ありがとうございます。

私は今回、観光ビザでカナダを訪問しており、
仕事ができません。

じゃあ3週間もの間、いったい何をしているのでしょうか。
遊んで過ごして、「いやー3キロ太っちゃったよー」とか…。

答えは、
KIMG0643

毎日、チャミーの自宅のあちこちを補修したり、
ペンキを塗り直したりしています。
ほぼほぼ私がやっています。

KIMG0624

この部屋は、チャミーが昨年引っ越してきたのですが、
おそらく10年以上ペンキを塗り直していないそうです。
建物はステキな外観なのですが、
すごく古いためあちこちがボロボロで…(そういうのが好きなんですけど)。

チャミーは、仕事のひとつに壁や歩道の補修・塗装があるため、
家に専門の道具が揃っています。
私は毎日、めっちゃ働いています(家事も半分やっています)。
チャミーが多忙なので、アロマオイルでマッサージもしています。

これ、カナダ移民局の人に現場を見られたら「カナダ人に騙されて搾取されている外国人」と判断されそうです。カナダの空港に着いたとき「目的は何ですか」「観光です」という、あのやり取りを人生で初めてしたんですよ‼
とても怪しかったのか、空港を出るまでに1時間もかかりました。
その話は、また改めて‼

KIMG0630
(↑トロント市内のチャイナタウンのスーパーマーケットで、
胡桃だけめちゃめちゃ入ってました↑)

読んで頂き、ありがとうございます!

ranking
↑投票お願いします↑

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↑にほんブログ村 投票お願いします↑

line
↑LINEで記事の更新のお知らせが届きます!↑

twitter
↑Twitterでも記事の更新のお知らせしてます!↑

instagram
↑インスタもご覧ください!↑
続きを読む

↑このページのトップヘ